17.00 - 17.05 - STRUCTURED型UDTのデフォルト機能 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-170K-JPN
Language
日本語 (日本)
DISTINCT型UDTの場合とは異なり、システムがSTRUCTURED型UDTに対して順序付け、キャスト、またはデータ変換機能を自動的に生成することはありませ。これらの機能は、CまたはC++外部ルーチンを作成してから、以下のDDL文を使用して適切なキャスト、順序付け、およびデータ変換定義を作成することにより、自分で明示的に設定する必要があります。

作成するすべてのSTRUCTURED型UDTには、必ず明示的な順序付け機能とデータ変換機能を備えつけるSYSUDTLIB。テーブルの列タイプのデータ型としてSTRUCTURED型UDTを指定したものの、そのUDTに順序付けおよびデータ変換機能を作成していない場合には、システムはリクエスト側にエラーを返します。

STRUCTURED型UDTに明示的なキャスト機能を作成することは必須ではないが、STRUCTURED型UDTをUSING修飾子など特定のSQL式で実行したり、FastloadやMultiLoadなどのさまざまなロード操作に関係したりする場合には、キャスト機能を作成することが必要になります。

STRUCTURED型UDTの全機能の使用可能化以降のトピックで、STRUCTURED型UDTの影響を要約し、新しく作成したSTRUCTURED型UDTを列テーブルのタイプとして使用する前にユーザーが明示的に定義する必要がある機能を説明しています。