DEFAULT DATABASE - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage

現在のDEFAULT DATABASEを変更した場合、その後のユーザー セッションのデフォルト データベースが変更されます。 現在のセッションのデフォルト データベースを変更するには、DATABASEリクエストを実行します(DATABASE文については、DATABASEを参照)。

ユーザーのデフォルト データベースをNULLに設定することはできません。ただし、存在しないデータベースの名前を指定できます。 それを指定した場合、存在しないデータベース内のオブジェクトをユーザーが作成または参照しようとすると、Teradata Databaseはリクエストをアボートし、エラーを返すことに注意してください。

現在のDEFAULT DATABASEを削除するには、MODIFY USERリクエストに関連付けられたユーザー名に設定します。 これは、DEFAULT DATABASE句が指定されなかった場合のデフォルトの設定です。