PRIMARY KEY制約 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage

テーブルのプライマリ キーは、そのテーブルのそれぞれの行を固有に識別する列セットです。Teradata Vantage™ - データベースの設計、B035-1094を参照してください。1つのテーブルに複数のプライマリ キーを定義することはできません。プライマリ キー(リレーショナル モデル内の論理構造)は、多くの場合、固有プライマリ インデックスとして物理的に実装されます。

テーブルに対して複合(複数列)プライマリ キーを作成するには、列レベルではなく、テーブル レベルでPRIMARY KEY制約を指定する必要があります。

以下のリストにあるデータ型を定義された列は、PRIMARY KEY制約の構成要素となることはできません。
  • BLOB
  • CLOB
  • BLOBに基づくUDT
  • CLOBに基づくUDT
  • ARRAY
  • VARRAY
  • PERIOD
  • 地理空間

テーブルが非固有プライマリ インデックスを持っているとき、PRIMARY KEY句を使用してプライマリ キーを明示的に定義することを検討してください。プライマリ キーおよびその他の代替キーは、テーブル間の参照整合性のリレーションシップを保つために外部キーとともに使用することもできます(標準参照整合性制約バッチ参照整合性制約、および参照制約を参照)。