17.00 - 17.05 - ロックと同時並行性 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

SPOOL、TEMP、またはPERMオプションを指定しない場合、MODIFY USERは変更するデータベースにACCESSロックを掛け、すべてのDMLリクエストと並行して実行されます。

SPOOL、TEMPORARY、およびPERMの各オプションを指定する場合、EXCLUSIVEロックが必要です。

また、この文は行ハッシュのWRITEロックをDBC.DBaseのデータベースに設定します。SPOOL、TEMPORARY、およびPERMの各オプションは、2番目のロックをDBC.DBaseの直接の親に設定します。PERMの場合、2番目のロックは行ハッシュ レベルのWRITEロックです。SPOOLまたはTEMPORARYの場合、2番目のロックは行ハッシュ レベルのREADロックです。

また、SPOOL、TEMPORARY、およびPERMの各オプションは行ハッシュ レベルのWRITEロックをDBC.DataBaseSpaceに設定します。PERMオプションは2番目の行ハッシュ レベルのWRITEロックをDBC.DataBaseSpaceの直接の親に設定します。