テーブル定義にUDT列、ARRAY列、VARRAY列、PERIOD列、または地理空間列を指定するための前提条件 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage

UDTには、テーブルの列データ型として使用する前に、順序付けとデータ変換の両方が定義されている必要があります。ARRAY列、VARRAY列、地理空間データ型、およびPERIODデータ型は、内部Teradata UDTとして事前定義されているため、順序およびデータ変換も事前定義されています。UDT列を含むテーブルを作成しようとしたものの、そのUDTに順序付け定義またはデータ変換定義のいずれかがまだない場合、システムはリクエスト側にエラーを返します。

使用可能なTeradata Database列属性すべてがUDT列の指定に有効であるとは限りません。UDT列、Geospatial列、およびPERIOD列に有効なデータ型属性のリストについては、<Teradata Vantage™ - データ タイプおよびリテラル、B035-1143>を参照してください。