クエリー バンド、信頼済みセッション、およびコネクション プーリング - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage

コネクション プーリングは、さまざまなリクエスト クライアント アプリケーション間でサーバーのリソースを共有する技術です。これにより、Teradata Databaseへのアクセスを提供する、キャッシュに入れられた接続オブジェクトのセットを複数のクライアントで共有できます。コネクション プーリングでは、クライアント アプリケーションによって発行されたリクエストごとに付随する、Teradata Databaseへの新しい接続を確立するためのオーバーヘッドを排除することで、パフォーマンスを改善します。

信頼済みセッションは、デフォルトではコネクション プーリングでセッション パラメータの処理を変更することはありません。Teradata Databaseのコネクション プーリングには、次に示す制限事項があります。Teradata Databaseへの接続をリセットすることはできないため、次に示すセッション パラメータを信頼済みセッション時に変更してはいけません。これらのパラメータに対する変更は、その接続の次のユーザーに引き継がれることになります。
  • Character Set
  • Collation
  • Database
  • Dateform
  • Default Date Format
  • Timezone
  • Transaction Isolation Level

セッション パラメータの変更方法については、Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144の「SET SESSION」を参照してください。