セカンダリ インデックスでの統計収集 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage

セカンダリ インデックスに関する統計を収集して最適化ルーチンを有効にすることで、統計を最大限に活用することをお勧めします。

UDT列に関する統計を収集することはできません。これには、インデックスのコンポーネントであるUDT列が含まれます。コスト計算を行う場合、最適化ルーチンは、UDT列の等価述部に動的AMPサンプリング情報を使用し、UDTインデックスの他の述部にはデフォルトの選択性を使用します。動的AMPサンプリングは、インデックスに関する限定的な統計情報を提供します。たとえば、これはnullまたはばらつきを検出できません。UDTインデックスのアクセス パスでパフォーマンスの向上が見られない場合、そのストレージおよび保守に関係したオーバーヘッドを回避するためにインデックスを削除することを考慮する必要があります。