幅優先のレポーティング - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage

再帰処理の深さによる最終結果を順序付けすることによって、BFS結果をシミュレーションできます。一例として次のビュー定義を考えます。

    CREATE RECURSIVE VIEW reachable_from (destin, cost, depth) AS (
      SELECT root.destin, root.cost, 0 AS depth
      FROM flights AS root
      WHERE root.source = 'paris'
    UNION ALL
      SELECT result.destin, seed.cost+result.cost, seed.depth+1 AS depth
      FROM reachable_from AS seed, flights AS result
      WHERE seed.destin = result.source
      AND   depth <= 20);

深さ変数に対してクエリー結果を順序付けすることにより、次のSELECTリクエストはこのビューに対する幅優先レポートを提供します。

    SELECT *
    FROM reachable_from
    ORDER BY depth;