STRUCTURED型UDT定義の属性の変更 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage

STRUCTURED型UDTに属性を追加したり、そこから属性を削除したりしようとするとき、他の何らかのデータベース オブジェクトがそのUDTを参照している場合、システムはリクエストをアボートします。

この処置によりデータベースの保全性は保護され、オブジェクトが依存しているSTRUCTURED型UDTの定義が古く、もはや正しくないという理由で保全性が壊れることがなくなります。

UDT開発者は、STRUCTURED型UDTから属性を削除する前に、以下のデータベース オブジェクトすべてに対して必要なクリーンアップすべてを実行する責任があります。