クエリー バンドと信頼済みリクエスト - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage

GRANT CONNECT THROUGHリクエストでWITH TRUST_ONLYオプションを指定することによって、信頼済みユーザーにTrustOnlyフラグを設定できます(GRANT CONNECT THROUGHリクエストを使用するための構文とルールについては、<Teradata Vantage™ - SQLデータ制御言語、B035-1149>を参照)。

トランザクションのコミットまたはロールバックのどちらかを行なうと、Teradata Databaseはそのクエリー バンドとそのトランザクションのクエリー バンドで設定されたプロキシ ユーザーの両方を削除します。この処理をTrustOnlyフラグを設定することによって制御することはできないので、単一トランザクションよりも長くセッション用クエリー バンドを有効にしておくことが必要な場合は、代わりにセッション用クエリー バンドを設定することで、TrustOnlyフラグを設定します。