17.00 - 17.05 - ソース テーブルの列およびインデックス セットの定義にsubquery を使用しないCREATE TABLE AS … WITH DATA AND STATISTICSに関する固有のルール - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-170K-JPN
Language
日本語 (日本)
CREATE TABLE … AS文でサブクエリーを指定してコピーするソース テーブルの列およびインデックス セットを定義していない場合は、CREATE TABLE AS … WITH DATA AND STATISTICSに関する一般ルールに記載されているルール以外に、以下のルールが適用されます。
  • システムは、単一列に対するソース テーブルのすべての使用可能な統計をターゲット テーブルにコピーします。
  • システムは、システム派生のPARTITION列を含む複数列統計を除いて、ソース テーブル列で使用可能なすべての複合統計をターゲット テーブルにコピーします。
  • ターゲット テーブルにインデックス定義が指定されていない場合、システムはソース テーブル インデックスで使用可能なすべての統計をターゲット テーブルにコピーします。ゼロ統計という語は、構築された列セットまたはインデックスの統計に対する概要データ構造体の状態、またはヒストグラム(<Teradata Vantage™- SQLリクエストおよびトランザクション処理、B035-1142>を参照)を指しますが、列セットまたはインデックスで収集された統計はありません。この状態の一般的な例としては、新しいテーブルを作成する場合、このテーブルにまだデータ行が含まれていないときにこのテーブルの統計を収集するときの状態などがあります。
  • ソース テーブルからターゲット テーブルへのPARTITION統計のコピーには、以下のルールが適用されます。
    条件 システムの実行内容
    ターゲット テーブルの明示的なインデックスを定義する システム派生したPARTITION列を含む統計をソース テーブルからターゲット テーブルにコピーしません。
    ターゲット テーブルの明示的なインデックスを定義しない システム派生したPARTITION列、またはシステム派生したPARTITION列を含む複数列統計の使用可能な単一列統計を、ソース テーブルからターゲット テーブルの対応する列セットにコピーします。