17.00 - 17.05 - STRUCTURED型UDTの内部および外部表現 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-170K-JPN
Language
日本語 (日本)
サービスとして提供されているVantage delivered as-a-service(AWSまたはAzureで実行中のVantage)、独自のC++およびJava UDF、UDF、UDT、または外部ストアド プロシージャを作成できません。

以下の表に、STRUCTURED型UDTの内部および外部表現を示します。

表現の種類 STRUCTURED型UDTの保管形式
内部 データ型とその個々の属性の連結。
クライアント fromsqlデータ変換機能による定義に従います。

詳細は、CREATE TRANSFORMおよびREPLACE TRANSFORMを参照してください。

クライアント ソフトウェアはUDT値を見ませんが、Teradataプラットフォーム上のUDTを表わす事前定義データ型の値は見ます。プラットフォームのUDTをクライアントの事前定義型にデータ変換する方法は、データ変換機能の開発者の裁量にすべて委ねられています。

特定のクライアント アプリケーションがSTRUCTURED型UDTを処理する方法の詳細については、該当するTeradata Tools and Utilities資料を参照してください。