17.00 - 17.05 - 取り入れられたユーザーの削除 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

ユーザーは、どんなデータベース オブジェクトも含んではいけません。そうでないと、ユーザーを削除できません。つまり、取り入れられたユーザーは、削除できません。ユーザーを削除する前に、そのユーザーが空になっていることを確認するには、次の手順を実行します。

  1. 現在のユーザーのテーブルを参照している、別のデータベースやユーザー内のハッシュ インデックスと結合インデックスをすべて削除します。DROP HASH INDEXDROP JOIN INDEXを参照してください。
  2. 現在のユーザーのテーブルを参照している、別のデータベースまたはユーザー内のトリガーをすべて削除します。DROP MACROを参照してください。
  3. 現在のユーザーに含まれているジャーナル テーブルを削除します。MODIFY USERを参照してください。
  4. 次の任意のの手順を実行します。
    • 現在のユーザーを削除します。DELETE USERを参照してください。
    • 現在のユーザーに含まれているすべてのオブジェクトを削除します。
      詳細については、次のリスト内の該当する文のセットを参照してください。
      • DROP FUNCTION
      • DROP INDEX
      • <Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>の「DROP PROFILE」
      • <Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>の「DROP ROLE」
  5. 現在のユーザーを削除します。