17.00 - 17.05 - RENAME FUNCTION (外部形式)とアルゴリズム圧縮 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

関数に対するRENAME FUNCTIONリクエストは、すべてのデータベースおよびユーザーの間で、その関数がどの列のデータの圧縮と圧縮解除にも使用されていない場合のみ有効です。この制限があるのは、次のような理由からです。列はある特定のアルゴリズムを使用してすでに圧縮されており、そのアルゴリズムにはコンテキストが格納されています。したがって、アルゴリズム名が変更されると、列を圧縮解除できなくなってしまいます。

次の例を考えてみましょう。アルゴリズム圧縮関数とアルゴリズム圧縮解除関数、およびそれらを使用するテーブルが、示した順に作成されるとします。

     CREATE FUNCTION scsu_comp …;

     CREATE FUNCTION scsu_decomp …;

     CREATE TABLE t1 (
       col1 INTEGER,
       col2 CHAR(10) COMPRESS ('abc', 'efg')
                     COMPRESS USING scsu_comp
                     DECOMPRESS USING scsu_decomp);

テーブルt1の列col2は、アルゴリズム圧縮関連のUDFであるscsu_comp(圧縮用)およびscsu_decomp(圧縮解除用)を参照します。

テーブルt1の作成後、scsu_compまたはscsu_decompのどちらかに対してRENAME FUNCTIONリクエストを実行すると、リクエスト側にエラーが返されます。