実際のユーザーまたはデータベースとSHOW MACROまたはSHOW VIEWから報告された定義が一致しない場合 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage

アーカイブしたマクロまたはビュー定義を、アーカイブ元とは異なるデータベースまたはユーザーにコピーまたは復元すると、それ以後、SHOW MACROまたはSHOW VIEWリクエストは、originalに格納されたマクロまたはビュー用のDBC.TVM.RequestTextのCREATEテキストを含むデータベースまたはユーザーを表示し、アーカイブしたビューまたはマクロ定義のコピー先または復元先のデータベースまたはユーザーを示す更新されたCREATEテキストを表示しません。

この動作は、他のSHOW文の動作とは異なります。他のSHOW文は、テーブル ヘッダーのデータからテキストの解析ツリーを構築することで、指定されたオブジェクトの現在の定義についてのSQLテキストを生成し、その後、逆に動作してオブジェクトの現在の定義のSQLテキストを返します。この、定義テキストの再構築は、マクロやビューには使用できません。マクロやビューには現在のSQL定義テキストを生成するためのテーブル ヘッダーがないためです。