セッション用クエリー バンドとトランザクション用クエリー バンドの設定の相違点 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage

次の表では、複数のSQLエンティティに対する有効性に関するセッション用とトランザクション用のSET QUERY_BANDの相違点を簡単に説明します。

エンティティ セッション トランザクション
VOLATILEオプション サポートします。 サポートしません。
複文リクエスト サポートしません。 サポートします。

SET QUERY_BAND … FOR TRANSACTIONは、複数文から成るリクエストで指定されている場合、最初の文でなければなりません。

複数文からなるリクエストに1つのSET QUERY_BAND … FOR TRANSACTION文のみを指定できます。

マクロ サポートします。

SET QUERY_BAND … FOR SESSIONは、マクロで唯一の文である必要があります。

サポートします。制限はありません。
SQLプロシージャ サポートしません。 サポートします。制限はありません。

SET QUERY_BAND … FOR TRANSACTIONをSQLプロシージャの複文リクエストとして指定することもできます。上記の複文リクエストの行を参照してください。

JDBC サポートします(?パラメータは除く)。 サポートします。制限はありません。
ODBC サポートします(?パラメータは除く)。 サポートします。制限はありません。
トランザクション内でのプロキシ ユーザーの変更 サポートしません。 サポートします。制限はありません。