異なる構文形式から返された情報は等しい - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage

データ テーブルの実テーブルではなくエラー テーブルの場合に限っては、どの構文から報告されるHELP ERROR TABLE情報と属性も、互いに等しく、また他のHELP TABLEで返される情報と同じになります。

エラー テーブルの詳細については、CREATE ERROR TABLEを参照してください。

HELP ERROR TABLE文のさまざまな構文から返される情報と属性については、HELP MACROを参照してください。セッション モードの変更については、CREATE TABLEも参照してください。