BLOCKCOMPRESSION - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage

このオプションでは、結合インデックスのブロック圧縮の状態を設定します。

次の表に、BLOCKCOMPRESSIONに指定できるオプションをリストします。

オプション 説明
AUTOTEMP Teradata Databaseは、結合インデックス内のデータの圧縮状態を、その温度に基づいていつでも変更できます。

このオプションの場合、クエリー バンド オプションやFerretコマンドを発行できますが、データの圧縮状態が温度と見合っていないなら、時間の経過とともにそのような変更は実施されなくなります。

DEFAULT MANUAL、AUTOTEMP、またはNEVERオプションのうち結合インデックスがどれを使用するかの定義が、DBS制御フラグDefaultTableModeによって決まります。詳細については、<Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ、B035-1102>を参照してください。
MANUAL 結合インデックス内のデータの圧縮状態は、Ferretコマンドを使用して特定のアクションを実行しない限り、変化しません。
NEVER 結合インデックスは、DBS制御のブロック圧縮設定がどのように指定されていても圧縮されません。

したがって、結合インデックスを手動で圧縮するFerretコマンドはTeradata Databaseによって拒否されますが、インデックスを圧縮解除するFerretコマンドは有効です。

Ferretユーティリティの使い方については、<Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ、B035-1102>を参照してください。