17.00 - 17.05 - ALTER PROCEDURE (SQL形式)のルール - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-170K-JPN
Language
日本語 (日本)
  • NO SPLオプションが指定されているALTER PROCEDUREリクエストによってプロシージャが再コンパイルされる場合、プロシージャのソース テキストがシステムから削除され、そのプロシージャを再び再コンパイルすることはできなくなります。
  • プロシージャの変更は、そのプロシージャがもともと作成されたのと同じセッション モードで行なえます。ANSIセッション モードで作成されたプロシージャはTeradataセッション モードでは再コンパイルできず、またその逆も行なえません。
  • ALTER PROCEDUREリクエストは、プロシージャ本体の内側では指定できません。
  • ALTER PROCEDUREリクエストでコンパイル時オプションを何も指定しない場合、前にそのプロシージャを作成、置換、または再コンパイルした時のオプションが適用されます。いくつかのコンパイル時オプションをALTER PROCEDUREリクエストで指定すると、指定していないオプションのデフォルトは、プロシージャの既存のオプションになります。
  • ANSIモード トランザクションで実行したALTER PROCEDUREリクエストの後にCOMMITを実行して、すべてのDDL文が有効になるようにする必要があります。
  • Teradataセッション モードでは、ALTER PROCEDUREをトランザクションの最後のリクエストにしなければなりません。
  • SQLプロシージャ内のDML、DDL、およびDCL文以外のすべての文が、ALTER PROCEDUREリクエストの実行中に、構文的および意味的に評価されます。
    プロシージャ本体内のDML文、DDL文、およびDCL文の評価には構文の評価と名前解決が含まれ、以下は含まれない
    • アクセス権限の検査
    • データ型の互換性
  • ALTER PROCEDUREリクエストの実行が失敗した場合、プロシージャの既存のSQL作成テキストは保持されます。
  • プロシージャの再コンパイル中に生じたエラーまたは警告は、SUCCESSまたはOK応答の一部として報告されます。パーセル内のアクティビティ カウントは、エラーおよび警告の合計数に設定されます。