17.00 - 17.05 - DELETE DATABASEとエラー テーブル - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

エラー テーブルを含むデータベースを削除するとき、システムにより、データ テーブルが含まれているデータベースに関係なくエラー テーブルが削除されます。DBC.ErrorTblsシステム テーブルのエラー テーブルに対する行もシステムにより削除されます。詳細については、<Teradata Vantage™ - データ ディクショナリ、B035-1092>を参照してください。

別のデータベースに含まれるエラー テーブルのあるデータ テーブルを含むデータベースを削除できません。

この状況の処置は、以下のとおりです。
  • 次のSELECT文で削除対象のデータベースにあるテーブルで定義されたすべてのエラー テーブルを見つけます。
         SELECT  BaseTblDbName, BaseTblName, ErrTblDbName, ErrTblName
         FROM    DBC.ErrorTblsV
         WHERE   BaseTblDbName <> ErrTblDbName
         AND     BaseTblDbName = CurrentDBName;

    ここでCurrentDBNameは、削除するデータベースの名前です。

  • このクエリーで生成されたリストにあるすべてのエラー テーブルを削除します。
  • DELETE DATABASE文を続いて実行します。