ハッシュ インデックスの永久ジャーナルの回復はサポートされない - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage

ROLLBACKまたはROLLFORWARD文を使用して、ハッシュ インデックスが定義されている実テーブルを回復することはできますが、ハッシュ インデックスは回復プロセスの間には再作成されない。その代わりに、無効としてマークがつけられます。そのようなハッシュ インデックスは削除してから再作成しないと、最適化ルーチンはそれを再度使用してクエリー計画を生成できません。

ハッシュ インデックスが有効ではないとしてマークが付けられている場合には、SHOW JOIN INDEX文は特殊なステータス メッセージを表示して、そのハッシュ インデックスにマークが付けられていることを通知します。