予約済みのストレージ管理用クエリー バンド - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage
ユーザー作成アプリケーションではこれらのクエリー バンド名を使用しないください。これらの名前は、Teradataやサード パーティTeradataパートナーが作成するアプリケーションのために予約されています。
次のクエリー バンド名は、Teradata Enterprise Applicationとパートナー アプリケーションがストレージ管理リソースに使用する目的で予約されています。これらのクエリー バンド名はTeradata Databaseへの指示となるためです。
以下のSQL文は、ストレージ管理用クエリー バンドもサポートしています。
  • ALTER TABLE(ALTER TABLE (テーブルの基本的なパラメータ)を参照)
  • CREATE HASH INDEX(CREATE HASH INDEXを参照)
  • CREATE JOIN INDEX(CREATE JOIN INDEXを参照)
  • CREATE TABLE … AS … WITH DATA (CREATE TABLE (AS句)を参照)

    CREATE HASH INDEX、CREATE JOIN INDEX、およびCREATE TABLE … AS …WITH DATAはロード操作と同様に、自身が参照するテーブルの列値をハッシュまたは結合インデックスサブテーブル、または新しいテーブルに直ちに取り込みます。

  • 空のテーブルへのINSERT(<Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語、B035-1146>を参照)
  • 空のテーブルへのINSERT … SELECT(<Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語、B035-1146>を参照)
  • 空のテーブルへのMERGE挿入(<Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語、B035-1146>を参照)