WHERE、HAVING、およびQUALIFY句の使用法 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage

WHERE句は、このビュー用に選択される行の条件式を指定します。

HAVING句は、GROUP BY句で定義されたグループを選択するための条件式を指定します。

QUALIFY句は、計算済み順序付き分析関数の結果をユーザー指定の条件に従ってフィルタに掛けるのに使用される条件式を指定します。

副クエリー述部内のWHERE、HAVING、またはQUALIFY句内でSAMPLE句を指定することはできません。

HAVING句が副クエリーの一部である場合、ビューのHAVING句にだけ、結合を使用することができます。

基礎となるテーブルまたはビューが変更される可能性がある場合には、SELECT *をsubquery で使用しないでください。

ビューが定義されるときに名前が解釈されて列が定義されるので、そのテーブルへの変更は、SELECT *構造が使用されているときにはビューの定義には組み込まれません。