トリガーのパフォーマンスに関する事項 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage

トリガーは、アクティブなデータベース オブジェクトです。トリガーをテーブルに作成して実行するときには、システム リソース上の注意点がいくつかあります。

アプリケーション設計者は、トリガーを定義するときに、トリガーの利点とパフォーマンス上の影響について評価する必要があります。たとえば、行トリガーを使用すると、トリガー文(SQL DML文)を使用する場合よりも多くの作業を実行できます。

行トリガーまたは文トリガーによって変更できる行の数には制限がありません。たとえば、次のようになります。

トリガーされるアクションの種類 結果
INSERT テーブルに1つの行が追加されます。
INSERT... SELECT テーブルに多くの行が追加されます。
UPDATE 1つまたは複数の行が追加されます。

多くの場合、トリガーによって実行されるアクションは便利であり、システムのパフォーマンスに対する影響を考慮しても、その使用にはメリットがあると言えます。