DROP TABLEとエラー テーブル - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage

DROP TABLE文でエラー テーブルを削除できません。DROP ERROR TABLEを使う必要があります。

関連したエラー テーブルもあるデータ テーブルを削除する場合は、最初にエラー テーブルを削除する必要があります。

別のDROP ERROR TABLE文でエラー テーブルを削除する必要があります。<Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>の「DROP ERROR TABLE」を参照してください。

エラー テーブルを作成したときのみ、DBC.ErrorTblsシステム テーブルに行がシステムにより追加されます。したがって関連データ テーブルを削除するとき、DBC.ErrorTblsからすべての行を削除する必要はありません。

DBC.ErrorTblsVビューまたはDBC.ErrorTblsVXビューは、Dropped DatabaseDropped Table、またはDropped Userを、削除済みのデータベース、データ テーブル、エラー テーブルの作成者名の代わりにそれぞれ表示します。Teradata Vantage™ - データ ディクショナリ、B035-1092を参照してください。