トリガーでスカラーsubquery を使用するルール - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage

トリガーでスカラーsubquery を指定するには、次のようなルールが適用されます。

  • トリガー本体にスカラー副クエリーを伴うABORT文またはROLLBACK文を指定できます。ただし、Teradata Databaseでは、行トリガー内でABORT文のWHERE句に指定した非相関スカラー副クエリーを、パラメータ化された値としてではなく、単一列の単一行スプールとして処理します。
  • トリガー本体にスカラー副クエリーを伴うDELETE文を指定できます。ただし、Teradata Databaseでは、行トリガー内でDELETE文のWHERE句に指定した非相関スカラー副クエリーを、パラメータ化された値としてではなく、単一列の単一行スプールとして処理します。
  • トリガー本体にスカラーSubquery を伴うINSERT文を指定できます。
  • 行トリガー本体内の単純INSERTの多値の中の値として非相関スカラーsubquery を指定することはできません。
  • Teradata Databaseでは、行トリガー内でINSERT ... SELECTのSELECT構成要素に指定した非相関スカラー副クエリーを、パラメータ化された値としてではなく、単一列の単一行スプールとして処理します。
  • トリガー本体にスカラーsubquery を伴うUPDATE文を指定できます。

    ただし、Teradata Databaseでは、行トリガー内でUPDATE文のWHEREまたはSET句に指定した非相関スカラー副クエリーを、パラメータ化された値としてではなく、単一列の単一行スプールとして処理します。