CREATE DATABASEの使用ルール - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage
以下のルールがCREATE DATABASEに適用されます。
  • 1つのシステムでのデータベースとユーザーの最大数は、42億です。
  • データベースにデフォルトのジャーナル テーブルが含まれる場合、ジャーナル テーブルはデータベースのPERMANENT(永久)格納領域を、そのデータベースのデータ テーブルと共有します。
  • 必要であれば、定義済みのPERM、SPOOL、またはTEMPORARY領域を、要求された領域以下で、システム内のAMP数の最大の倍数に変更することができます。
  • CREATE DATABASE文が処理される時には、システムは作成中のデータベースにEXCLUSIVEロックを設定します。
  • オプションは、一度しか指定できません。

領域管理の詳細について、Teradata Vantage™ - データベースの管理、B035-1093を参照してください。