ロード ユーティリティの制約および制限 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage

FastLoad、MultiLoad、またはTeradata Parallel Transporterを使用して、トリガーが有効になっている基本テーブルにデータをロードすることはできません。これを実行すると、システムはエラー メッセージを返して、ロード処理はアボートします。

まず、ALTER TRIGGER文を使用してこれらの基本テーブルに対するすべてのトリガーを無効にしてから、適切なデータ ロード ユーティリティを実行すれば、基本テーブルにデータをロードできます。<Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>の「ALTER TRIGGER」を参照してください。

データのロード操作が完了した後で、使用不可にしたトリガーを再び使用可能にします。

標準のSQL挿入と更新を実行するTPumpのようなロード ユーティリティは、使用可能なトリガーを持つテーブルを更新できます。