17.00 - 17.05 - 行レベル セキュリティUDFが行のセキュリティ ポリシーを強制する方法 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

データベースは、テーブルの列に対応する制約オブジェクトに割り当てる行レベル セキュリティ ポリシー関数を実行して、データ行のセキュリティ ポリシーを強制します。セキュリティ制約が定義されているテーブルに対して実行可能な4つのリクエスト タイプ(DELETE、INSERT、SELECT、UPDATE)それぞれについて、スカラー関数を作成できます。

行レベル セキュリティ ポリシーUDFの記述方法の詳細については、<Teradata Vantage™- SQL外部ルーチン プログラミング、B035-1147>を参照してください。

行レベル セキュリティの全般情報については、<Teradata Vantage™ - Advanced SQL Engineセキュリティ管理ガイド、B035-1100>を参照してください。