Java外部プロシージャの作成に関するルール - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage
Java外部プロシージャには、他の種類の外部プロシージャにはない、作成または置き換えに関する2つの特殊な要件があります。
  • Java外部プロシージャを作成するユーザーは、SQLJ.Install_Jarを呼び出して関連JARファイルを登録したユーザーと同じでなければなりません(JARファイルおよびSQLJデータベースを参照)。これはつまり、プロシージャの作成時に指定するjar_nameが、そのユーザーの登録したJARファイルを参照する必要があるからです。指定したJARファイルを別のユーザーが登録すると、CREATE/REPLACE PROCEDUREリクエストがアボートし、リクエスト側にエラーが返されます。
  • 作成するJava外部プロシージャを含むデータベースは、SQLJ.Install_Jarを使用してそのJARファイルを登録したときのデフォルト データベースに一致している必要があります。