STRUCTURED型UDTのデフォルトの順序付け機能 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage

DISTINCT型UDTの場合とは異なり、システムが新しく作成したSTRUCTURED型UDTに対してデフォルトの順序付け機能を作成することはない。しかし、新しいSTRUCTURED型をテーブルの列タイプとして使用したり、比較、順序付け、グループ化、ソート、または固有性の判別に関係する操作をそのUDTに対して実行したりする場合には、事前にそのUDT用の順序付けを作成することが必要となります。この例外として、PERIODおよび地理空間データ型(Teradata内部STRUCTURED型UDT)とそれらのデフォルト キャストは事前定義されています。

新しいSTRUCTURED型UDTに順序付けを定義しないまま使用しようすると、システムはリクエストをアボートし、リクエスト側にエラーを返します。

新しいSTRUCTURED型UDTの順序付けを定義するには、CREATE TRANSFORM文を使用します(CREATE ORDERINGおよびREPLACE ORDERINGを参照)。

STRUCTURED型UDTにすでに順序付けが定義されているかどうかを調べるには、HELP TYPE文を使用します(HELP TYPEを参照)。