DROPプロセスとJava外部プロシージャ - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage

DROP USERリクエストが正常に処理された後、クライアント アプリケーションにステータスを返す前に、UDFシンボル キャッシュが破棄されている必要があります。これはディクショナリ キャッシュの破棄プロセスの一部として実行されます。DROP USER文を実行するには、その前にDELETE USER文が正常に実行されている必要があるので、この処理はすでに実行していることになります。DELETE USERを参照してください。

DROP USER操作と連携して、適切なディクショナリ テーブルで次の処理が実行されます。

  1. 削除対象のユーザーのJARが別のJARのSQL Javaパスにあるかどうかを判別するためDBC.Jar_Jar_Usageがチェックされます。

    パスにある場合は、そのリクエストはアボートし、システムはリクエスト側にエラーを返します。

  2. DBC.Jar_Jar_Usageにあるすべての行が削除されます。これは削除対象のユーザーのIDとJarDatabaseId列の値が一致しているものです。
  3. DBC.Routine_Jar_Usageにあるすべての行が削除されます。これは削除対象のユーザーのIDとDatabaseId列の値が一致しているものです。
  4. DBC.Jarsにあるすべての行が削除されます。これは削除対象のユーザーのIDとDatabaseIdの値が一致しているものです。