17.00 - 17.05 - テーブルの定義のコピー - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

AS句は既存のテーブルまたはクエリー式から新しいテーブルへ定義をコピーします。

次の表では、各種ASオプションについて説明します。

使用するオプション 既存のソース テーブルまたはクエリー式から新しいターゲット テーブルにコピーされるもの
AS …WITH NO DATA 指定した列定義のみ。
AS … WITH DATA 指定した列定義それらの列に関連するデータ。

WITH DATAオプションを使用してグローバル一時テーブルを作成することはできません。

AS … WITH NO DATA AND STATISTICS 指定した列定義およびそれらの統計ヒストグラム。

データはコピーされません。

AS … WITH DATA AND STATISTICS 指定した列定義およびそれらの統計ヒストグラム。

データはコピーされます。

USECOUNTがターゲット データベースで有効になっている場合、使用カウント情報がコピーされます。BEGIN QUERY LOGGINGを参照してください。

ソース テーブルのサブセット、およびその統計(オプション)だけをコピーする場合は、ターゲット テーブルに含める列だけを選択するために、副クエリーを指定します。Subquery オプションは、既存のテーブルの列に基づいて列式を指定し、ターゲット テーブルの列の修正を定義するために使用することもできます。詳細については、Subquery を使用したAS句のカスタマイズを参照してください。