17.00 - 17.05 - データ型属性、列記憶属性、および制約属性 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

列記憶属性は、ANSI SQLに対するTeradataの拡張機能です。明示形式を指定しない場合、列は、データ型のデフォルトの形式であると仮定されます。これは、tdlocaledefユーティリティによって定義されたカスタム データ形式仕様(SDF)によって指定できます。詳細については、<Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ、B035-1102>を参照してください。明示形式は、解析と文字列の検索に適用されます。

tdlocaledef.txtファイルを変更してtparesetコマンドを発行する場合、新しい形式文字列設定は、リセットの後に作成されるテーブルにのみ影響を与えます。既存のテーブルの列は、変更のためのALTER TABLE文を実行しない限り、引き続きDBC.TVFieldsにある既存の形式文字列を使用します。詳細については、ALTER TABLE (テーブルの基本的なパラメータ)を参照してください。

UDT列宣言、ARRAY列宣言、VARRAY列宣言、地理空間列宣言、およびPERIOD列宣言でデータ型属性のすべてがサポートされているわけではなく、これらの型に対して、列記憶属性と列制約属性はサポートされていません。

文字データのサーバー文字セットを指定するには、文字型の列に対してCHARACTER SET server_character_setを指定します。

データベースは、以下のサーバー文字セットをサポートします。
  • LATIN
  • UNICODE
  • KANJISJIS
  • GRAPHIC

サーバー文字セットKANJI1は指定できません。

データベースは、サーバー文字セットKanji1を設定された既存の文字型の列を、自動的にサーバー文字セットUnicodeに変換します。