パーティションの粒度の判別 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage

パーティション化されたテーブルのパーティションに最適な粒度を判別するための主な指針は、パーティション化されたテーブルまたは結合インデックスに最も一般的にアクセスするワークロードの性質によります。 テーブルや結合インデックスに定義するパーティション数が多いほど、データベース オブジェクト対するクエリーの範囲が適切になる可能性が高くなり、高速に実行できます。これは、最適化ルーチンが、1つのパーティションを残してすべて排除できるように、パーティションの粒度が適切に設定されている場合のことです。

ただし、通常は、パーティションの粒度を細かく指定しすぎないようにすることをお勧めします。 例えば、クエリー ワークロードが1ヶ月以下の粒度のデータにアクセスすることがない場合、1ヶ月以下の粒度を持つパーティションを定義しても利点はありません。 さらに、パーティションの粒度を不必要に細かく指定すると、パーティション化されたテーブルの保守負荷が増大し、システム全体のパフォーマンスが低下する可能性もあります。 結果として、細かく指定したパーティション粒度によりパフォーマンスが低下しなくても、このようなテーブルの基本的な保守により間接的にパフォーマンスが低下するできます