グローバル一時テーブルおよび揮発テーブルのマクロ サポート - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage

グローバル一時テーブルおよび揮発テーブルの両方をマクロから参照することができます。

グローバル一時テーブルを含むマクロを実行するときには、一時テーブルの実テーブルへの参照は、すべて、現在のセッション内の対応する実体化されたグローバル一時テーブルにマップされます。これは、同じマクロが異なる2つのセッションから実行されたときに、実体化されたグローバル一時テーブルの内容によって、結果が非常に異なる可能性があることを意味します。

グローバル一時テーブルに行を挿入するINSERTリクエストを含むマクロを実行したものの、そのテーブルが現在のセッションで実体化されていない場合には、INSERTリクエストの実行時にグローバル一時テーブルのインスタンスが作成されます。

CREATE VOLATILE TABLEリクエストを含むマクロを実行した場合には、参照されるテーブルが、現在のセッション内に作成されます。指定された揮発テーブルに対するDROPがマクロに含まれる場合には、そのテーブルは現在のセッションから削除されます。