参照整合性制約 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage

Teradata Databaseは、親テーブルの候補キーの列セットと、子テーブルの外部キーの列セットの間の参照整合性制約をサポートします。明示的に宣言されたPRIMARY KEY制約と代替キー制約の両方がサポートされます。

1つのテーブルに複数の参照整合性制約を定義できます。

Teradata Databaseは、3つのタイプの参照整合性制約をサポートしています。

参照整合性制約を定義した2つのテーブルのうち一方または両方に行レベル セキュリティ制約が定義されている場合、参照整合性制約の実施によって、そのテーブルに定義されているセキュリティ ポリシーUDFが実行されることはありません。テーブルが行レベル セキュリティによって保護されていない場合と同じように、実行が継続されます。