文字パーティション式での範囲の追加と削除に関するルール - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage

文字パーティション式のADD RANGEオプションとDROP RANGEオプションに関するルールを以下にまとめます。

  • ALTER TABLE … DROP RANGE WHEREを使用できるのは、文字またはグラフィックの比較なしで定義されているパーティション式の場合に限られます。
  • 複数レベル パーティション テーブルの非文字パーティション レベル、またはRANGE_N文字パーティション式の特別なパーティションでADD RANGEオプションまたはDROP RANGEオプションを指定するときに、少なくとも1つのパーティション式に文字パーティションがある場合、セッションの照合はテーブルの照合と同じでなければなりません。

    そうでない場合、データベースはリクエスト側にエラーを返します。

  • テーブルの照合がMULTINATIONALまたはCHARSET_COLLの場合は、その同じ照合または文字セットがインストールされていなければならず、その定義は、テーブルが作成された時点で有効だった定義と同じでなければなりません。

    そうでない場合、データベースはリクエスト側にエラーを返します。