17.00 - 17.05 - 手動でクエリーログをフラッシュすることのメリット - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

FLUSH QUERY LOGGINGリクエストを使用すると、システム全体のすべてのDBQLキャッシュとTDWMキャッシュの同期フラッシュを実行できます。すべてのPEがそれぞれのキャッシュを同時にフラッシュします。FLUSH QUERY LOGGINGリクエストから成功の応答がクライアントに返された場合は、キャッシュの内容がそれぞれのテーブルに書き込まれています。

FLUSH QUERY LOGGINGリクエストをあまりにも頻繁に実行すると、DBS制御DBQLフラグの値をあまりにも低く設定した場合と同じく、パフォーマンスに悪影響が及ぶことに注意してください。

FLUSH QUERY LOGGINGを使用すると、すべてのDBQLキャッシュとTDWMキャッシュの同期フラッシュが実行され、すべてのキャッシュがそれぞれのテーブルにフラッシュされるまで制御がクライアントに戻ることはありません。