17.10 - 例: 結合操作がSUBQUERYに指定されている場合は統計がコピーされない - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

Vantageは、このセットの例に示されているように、subqueryに結合操作が指定されている場合は統計をコピーしません。

このセットの例として、次のビュー定義を考えます。

    CREATE VIEW v2 (i, j) AS (
      SELECT SUM(x), y 
      FROM test 
      GROUP BY 2);
    CREATE VIEW v3 (i, j) AS (
      SELECT CASE 
             WHEN z1='abc' 
             THEN 1 
             ELSE 0, a1+1 
      FROM test1);

例1

この例では、Vantageは統計をコピーしません。これは、subqueryに結合が指定されているためです。

    CREATE TABLE t4 AS (SELECT *
                        FROM test, test1) 
    WITH DATA AND STATISTICS 
    PRIMARY INDEX (z, z1) 
    INDEX (b, b1);

例2

この例では、Vantageは統計をコピーしません。これは、subqueryに結合が指定されているためです。

    CREATE TABLE t6 (c1, c2, c3, c4) AS (SELECT x1, y1, x-1, y*2
                                         FROM test1, test) 
    WITH DATA AND STATISTICS;

例3

この例では、Vantageは統計をコピーしません。これは、subqueryに結合が指定されているためです。

    CREATE TABLE t5 AS (SELECT *
                        FROM v2, v3) 
    WITH DATA AND STATISTICS;

例4

この例では、Vantageは統計をコピーしません。これは、subqueryに結合が指定されているためです。

    CREATE TABLE t5 AS (SELECT *
                        FROM v3, test) 
    WITH DATA AND STATISTICS;