17.10 - CREATE AUTHORIZATIONおよびREPLACE AUTHORIZATION - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

許可オブジェクトを作成するか、置換します。

許可オブジェクトは、データベース ユーザーをOSプラットフォームのユーザーIDと関連付け、指定されたOSユーザーに付与されたコンテキスト、権限、アクセス制御を使用して、外部ルーチンをセキュア モードで実行できるようにします。

外部ルーチンには、UDF、テーブルUDF、メソッド、外部SQLプロシージャが含まれます。CREATE FUNCTIONとREPLACE FUNCTION(外部形式)CREATE FUNCTIONおよびREPLACE FUNCTION(テーブル形式)CREATE METHODCREATE PROCEDUREおよびREPLACE PROCEDURE (外部形式)を参照してください。

外部テーブルまたは関数マッピングの外部セキュリティ句で許可を指定します。CREATE FOREIGN TABLEまたはCREATE FUNCTION MAPPINGとREPLACE FUNCTION MAPPINGを参照してください。

READ_NOSテーブル演算子のAUTHORIZATION句で許可を指定することもできます。<Teradata Vantage™ - SQL演算子およびユーザー定義関数、B035-1210>を参照してください。
AWS IAM信頼証明がアクセスを提供する場合は、AUTHORIZATION句を省略できます。

QueryGridによりリモート システムにアクセスするために使用するCREATE AUTHORIZATION信頼済み拡張機能については、Teradata QueryGridドキュメントを参照してください。

DEFINERまたはINVOKERのいずれかを指定できますが、両方は指定できません。

ANSI準拠

CREATE AUTHORIZATIONは、ANSI SQL:2011規格に対するTeradataの拡張機能です。

必要な権限

CREATE/REPLACE AUTHORIZATION文を実行するには、CREATE/REPLACE AUTHORIZATION権限またはAUTHORIZATION権限が必要です。

自動的に与えられる権限

許可の作成者にDROP AUTHORIZATION