17.10 - SET SESSION DEBUG FUNCTION - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

関数、メソッド、またはストアド プロシージャが次回呼び出されるときにデバッグ モードで実行するUDF、UDM、またはストアド プロシージャを識別します。

詳細については、<Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング、B035-1147>のCREATE PROCEDUREおよびREPLACE PROCEDURE (外部形式)CREATE FUNCTIONとREPLACE FUNCTION(外部形式)CREATE METHOD、および「UDFに対するC/C++コマンド ライン デバッグに関する情報」を参照してください。

ANSI準拠

この文は、ANSI SQL:2011規格に対するTeradata拡張機能です。

必要な権限

デバッグする関数またはストアド プロシージャに対するEXECUTE FUNCTION権限およびDROP FUNCTION権限が必要です。

デバッグするメソッドにUDTMETHODおよびUDTUSAGE権限が必要です。