17.10 - 例: 問合わせに集合演算子または集合演算が指定されている場合は統計がコピーされない - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

Vantageは、集合演算子または集合演算が問合わせに指定されている場合は、これらの例に示されているように、統計をコピーしません。

例1

この例では、Vantageは統計をコピーしません。これは、subqueryのGROUP BY句で集約が行なわれているためです。

    CREATE TABLE t3 (c1, c2) AS (SELECT MAX(x), y
                                 FROM test   
                                 GROUP BY 2) 
    WITH DATA AND STATISTICS;

例2

この例では、Vantageは統計をコピーしません。これは、subqueryのGROUP BY句で集約が行なわれているためです。

    CREATE TABLE t3 (c1, c2) AS (SELECT COUNT(x), y 
                                 FROM test 
                                 GROUP BY 2) 
    WITH DATA AND STATISTICS;

例3

この例では、Vantageは統計をコピーしません。これは、subqueryのGROUP BY句とHAVING句で集約が行なわれているためです。

    CREATE TABLE t3(a, b, c) AS (SELECT x1, MIN(y1), AVG(a1)
                                 FROM test1 
                                 GROUP BY x1 
                                 HAVING AVG(y1) > 40) 
    WITH DATA AND STATISTICS;