例: データベースへのスプール領域スキュー制限の追加 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Published
2021年7月
Language
日本語
Last Update
2021-09-23
dita:mapPath
ja-JP/spp1591731285373.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/wrg1590696035526.ditaval
dita:id
B035-1144
Product Category
Software
Teradata Vantage
4つのAMPを含むシステムと、1ギガバイトのスプール領域を持つ1つのデータベースを仮定します。スプール領域のAMPごとの割り当ては250メガバイトです。スプール領域のスキュー制限値を20%に設定すると、どのAMPでもスプール領域のAMPごとの割り当てより50メガバイト多いスキュー制限が可能になります。使用するスプール領域の合計がスプール領域の1ギガバイトのグローバル制限を超えない限り、AMPでは300メガバイトまでのスプール領域を使用できます。
     MODIFY DATABASE d1 AS 
       PERM = 1e9
       SPOOL = 1e9 SKEW = 20 PERCENT;