HELP STATISTICS構文要素(QCD形式) - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Published
2021年7月
Language
日本語
Last Update
2021-09-23
dita:mapPath
ja-JP/spp1591731285373.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/wrg1590696035526.ditaval
dita:id
B035-1144
Product Category
Software
Teradata Vantage
CURRENT
外挿されたテーブル レベルのサマリーQCD統計を報告します。
database_name
user_name
object_nameの格納先データベースまたはユーザーの名前(現在のデータベースまたはユーザー以外の場合)。
object_name
QCD統計情報が必要なテーブル、結合インデックス、またはハッシュ インデックスの名前。
QCD_name
取り出す統計情報が、指定したQCDデータベースのTableStatistics表に収集されていることを指定します。
query_ID
データベースによってQCD.TableStatistics.QueryIdに挿入される値。query_IDstatistics_IDを固有的に組み合わせることにより、特定の列またはインデックスのQCD.TableStatistics内の個々の統計を識別できます。デフォルト値は0です。
statistics_ID
データベースによってQCD.TableStatistics.StatisticsIdに挿入される値。query_IDstatistics_IDを固有的に組み合わせることにより、特定の列またはインデックスのQCD.TableStatistics内の個々の統計を識別できます。デフォルト値は1です。
USING MODIFIED
QCD.TableStatistics.ModifiedStatsに格納されている変更済みの統計を報告する場合。USING MODIFIEDオプションを指定しない場合、システムはQCD.TableStatistics.StatisticsInfoに格納されている未変更の統計を報告します。