例: 選択リストにPERIOD列を持つ結合インデックスの作成 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Published
2021年7月
Language
日本語
Last Update
2021-09-23
dita:mapPath
ja-JP/spp1591731285373.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/wrg1590696035526.ditaval
dita:id
B035-1144
Product Category
Software
Teradata Vantage

この例では選択リスト内にPeriod列d1を持つ結合インデックスを作成します。

以下の定義によりt1テーブルを作成したと仮定します。

     CREATE TABLE t1 (
       a1 INTEGER,
       b1 INTEGER,
       c1 INTEGER,
       d1 PERIOD(DATE),
       e1 DATE
       f1 CHARACTER(100));

次のようにして、Period列d1を組み込んだ結合インデックスをこのテーブルに作成します。

     CREATE JOIN INDEX ji_pdt AS
       SELECT b1, c1, d1
       FROM t1;

次にji_pdtに対してHELP JOIN INDEXリクエストを実行すると、Vantageは次のようなレポートを返します。

     HELP JOIN INDEX ji_pdt;
*** Help information returned. 3 rows.
*** Total elapsed time was 1 second.
Column Name                Type      Comment
-------------------------- --------- ---------------------
b1                          I        ?
c1                          I        ?
d1                          PD       ?

最適化ルーチンはji_pdtの列d1を使用して、t1.d1を含むすべての問合わせ式を結合インデックスにマップします。例えば、BEGIN(t1.d1)BEGIN(ji_pdt.d1)にマップできます。