17.10 - 例: 複数の変数置換を使用した関数マッピングの定義 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
関数マッピング定義usr_SVMSparseは、次の変数置換を指定します。
  • AttributeColumnAttributeNameColumnに置換されます。
  • LabelColumnResponseColumnに置換されます。
  • ValueColumnAttributeValueColumnに置換されます。

関数処理中にパラメータAttributeNameColumnが指定されると、AttributeColumnは関数処理で置換されます。同様に、関数処理中にResponseColumnが指定されると、LabelColumnが使用されます。関数処理中にAttributeValueColumnが指定されると、ValueColumnが使用されます。

CREATE FUNCTION MAPPING usr_SVMSparse
FOR SparseSVMTrainer SERVER TD_SERVER_DB.coprocessor
USING
InputTable IN TABLE ,
ModelTable OUT TABLE ,
IDColumn ,
SampleIdColumn ,
AttributeColumn(AttributeNameColumn) ,
LabelColumn(ResponseColumn),
ValueColumn(AttributeValueColumn),
HashProjection , "Hash" , HashBuckets ,
Cost , Bias , ClassWeights ,
MaxStep ,
Epsilon , Seed , SequenceInputBy
;