17.10 - CONSTRAINT - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

名前の付いていない制約にシステム生成名は割り当てられません。

constraint_name
制約のオプション名。
データベース オブジェクトの命名ルールについては、<Teradata Vantage™ - SQLの基本、B035-1141>を参照してください。
UNIQUE、PRIMARY KEY、FOREIGN KEY、およびCHECKの名前付き制約では、これらの制約に名前が付けられ、列レベルの制約とテーブル レベルの制約の両方に適用される場合、CONSTRAINT constraint_name指定は必須です。
これは、行レベル セキュリティ制約には適用されません。このテーブルの後半のrow_level_security_constraint_name CONSTRAINTを参照してください。
制約名は、Vantageオブジェクト名のルールに従っており、テーブルの定義で指定されたその他のすべての制約名、プライマリ インデックス名、およびセカンダリ インデックス名の中で固有である必要があります。Vantageの識別子およびそれに含めることのできる文字のリストに関する説明は、<Teradata Vantage™ - SQLの基本、B035-1141>を参照してください。
テンポラル テーブルに対して定義できる制約に関する詳細は、<Teradata Vantage™ - テンポラル テーブル サポート、B035-1182>および<Teradata Vantage™ - ANSIテンポラル テーブル サポート、B035-1186>を参照してください。