17.10 - 例: セッションの行レベル セキュリティ レベルの変更 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

ユーザーplsがログオンします。そのセッションには、unclassifiedレベルとnatoカテゴリのラベルが付きます。セッションが確立されるとすぐに、plsはレベルをsecretに変更します。

     SET SESSION CONSTRAINT = classification_level (secret);

SET SESSION CONSTRAINTリクエストの実行後に、セッションのラベルは、secretnatoのラベルになります。

plsが開始したセッションを使用して、inventoryという表に3つの行を挿入するとします。inventoryに行を挿入するINSERTリクエストは、以下のようになります。

     INSERT INTO inventory VALUES (1212, 90505,'Widgets',,);
     INSERT INTO inventory VALUES (12122, 90504,'Buggy Whips',,);
     INSERT INTO inventory VALUES (12126, 90501,'Whip Sockets',,);

最後の2つの定位置値は、セッションではなくINSERTの制約UDFによって生成されます。

これらのINSERTリクエストが完了すると、各行の列値は以下のようになります。

inventory        
col_1 col_2 col_3 classification_level classification_category
1212 90505 Widget 3 ‘0100000000000000'XB
12122 90504 Buggy Whips 3 ‘0100000000000000'XB
12126 90501 Whip Sockets 3 ‘0100000000000000'XB