17.10 - SPOOL - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

profile_nameのスプール ファイルに割り当てるバイト数の指定を可能にするキーワードです。デフォルトはNULLですが、その場合はシステムは個々のユーザーに定義されている設定を使用します。

ユーザーに割り当てられているプロファイルでスプール領域が定義されていない場合、Vantageは、ユーザーに対して定義された設定を使用します。スプール領域がユーザー プロファイルまたはユーザーに対して定義されていない場合、システムはユーザーが作成された領域の所有者に割り当てられたスプール領域を使用します。

プロファイルは、信頼済みセッション内のプロキシ ユーザーに割り当てることができるため、永久プロキシ ユーザーのプロファイル属性(固定領域やスプールなど)が使用されます。永久プロキシ ユーザーが直接ログオンして複数の問合わせを実行するとともに、中間層アプリケーションの信頼済みセッションを通じてもログオンし、複数の問合わせをプロキシとして実行させる場合、そのユーザーに関するSPOOLおよびTEMPの使用量の累積には両方が含まれます。累積の使用量が個々のユーザーの制限を超えた場合、個々のユーザーの問合わせは失敗します。

n
nは、作成者のプロファイル内のスプール領域パラメータを超えることはできません。そのプロファイルでスプール領域が定義されていない場合、作成者のユーザー設定に定義されているスペース領域制限が使用されます。
nおよびconstant_expressionの評価は、いずれもオプションのBYTESキーワードが指定されているかどうかに関係なく、バイト数になります。
このバイト数は、整数値、10進数値または浮動小数点値として入力するか、バイト数を決定する値が得られる定数式として入力します。また、指数表記法を使用して値を入力することもできます。例えば、one thousandを記述するのに1000でも1E3でもかまいません。
BYTES
BYTESは、許容するスプール領域の単位を重複して指定するためのオプションのキーワードです。
constant_expression
定数式は、列を参照しない任意のSQL式です。プロファイルのスプール領域サイズに適切な定数式を指定すると、Vantageは、システムのサイズに合わせた最適なSPOOLの容量を割り当てます。
定数式に基づいてスプール領域のサイズを指定すると、システムにAMPを追加したときなどに、割当て済みのサイズが自動的に拡大されなくなります。